藤岡弘さんの改名について

姓名判断との関係は?

子供の名前は姓名判断で

藤岡弘さんの改名に学ぶ

俳優の藤岡弘さんについて、今の若い方々はどれくらいご存知でしょうか?

昨年はNHK大河ドラマの「真田丸」にも出演されていましたし、かつては「仮面ライダー」や、探検シリーズの藤岡隊長として大変活躍された俳優さんです。

今は「藤岡弘、」と名前の最後に「、」を付ける改名をされています。

改名の意味としては『昔の武将は一度「 、」 を打って決意した…』『我いまだ完成せず』といった思いを込めたとのこと。

一般的に改名をする際、自分の名前があまりにも変わり過ぎてしまうと不都合が生じるため、少しだけ手を加えるといったことはよくあります。

例えば「大」の字に点を加え「太」としたり、しんにょうの点を増やしたり減らしたりするなどして画数を良くするのです。

藤岡弘、さんの「、」については、このように画数を調えることが目的だったというお話はありませんが、(偶然にも?)画数が凶から吉へと転じられています。

元々の「藤岡弘」の場合、新字体では良い画数ですが、本字体(旧字体)ですと「総格」という一番大事なところが大凶になってしまうのです。
本字の大切さは、こちら

しかし「、」を加え、1画増やすことで、新字でも本字でも総格数が大吉となります。

これであれば、1画プラスしたほうが良いに決まっていますね。
しかし、お名前の最後に読点を加えるというのはどうでしょうか…、芸能人ならではの改名です。

本来、改名というのは、しないで済むに越したことはありません

自分の名前が元々、運気的に最高の名前であり、なおかつ実際の使用にも何ら問題がなければ、それをあえて変えようとする人はいません。

やはり、ひとつの人生をやり抜くということは大変なことなので、人はどうにか少しでも運を良くしたいと思うものなのです。

藤岡弘、さんが、実は画数の調整も目的としていたかどうかは分かりません。

でも、もしもそのような事情も裏にはあったとしたならば、それまでのお名前に「、」を付けくわえるというのは苦肉の策であったかもしれません。

名前の「使いやすさ」という面で、やや難しいと思いますし、「点も含めて私の名前なのです」などと説明しなくてはならないことも多かったのではないでしょうか。
実際、改名されてから長い間、新しい名前が浸透しなかったという話もあります。

話が少し変わりますが、同じく俳優さんで内野聖陽さんという方がいらっしゃいます。
この方は「名前を読んでもらえない(分かりづらい)」という理由で、読み方を変えましたね。
元々は「まさあき」と読むお名前だったのを「せいよう」としました。

これは姓名判断上、とても良い変更ではあるのですが、そもそも名前を変えなくてはならないこと自体が良いことではないのです。

繰り返しになりますが、改名はしないで済むに越したことはありません。

お子さんが成長したときに、運を良くするために「名前を変えたい」などと思わなくてすむように、初めから「使いやすい強運名」を付けてあげてほしいと思います。

●「開運名の付け方」(トップページ)へ戻る